消費者金融の過払い金について考察

repa8wt7消費者金融に関するニュースで、以前話題になったのが、過払い金というものです。平成18年に貸金業法が改正になるまえは、消費者金融の利息は、今までは利息制限法での規定である15%~20%と出資法で制限されている29.2%という二つの法律によって定められていました。詳しく説明をすると、利息制限法では、元本が10万円以下の場合の利息は20%、10万円から100万円未満の場合の利息は18%、100万円以上で15%と規定をされていました。かたや出資法は、規定されている利息は29.2%となっていました。

利息制限法は民法であり、実は賞罰規則がなかったために、その利息を遵守する業者はおらず、消費者金融は利息制限法の20%~出資法の29.2%の間をとって、大体の業者が26%の利息を設定していました。この二つの法律の間の利息をグレーゾーン金利と呼び、契約書に署名をいただいたことで、本人の承諾を得て、認められたという解釈を行っていました。しかし、多重債務者が増加し、多重債務者が返済に困って、弁護士に相談をすると、弁護士が代わりに債務整理を行います。

債務整理を行う際に、利息制限法の利率での計算を求めるのです。利息制限法で計算をし直すと、長い間返済に苦しみ、利息のみをコツコツと払い続けた人たちの中には、実は利息の払い過ぎをしていたという結果になり、過払い金として返金を求めることができたのです。しかし、これには弁護士には報酬を支払った結果でもあります。それでも、支払った金額が戻ってくることは、債務者にとっては嬉しいことだったでしょう。現在は、法律の改正により、過払い金が発生する利率をとる消費者金融はありません。
収入証明書不要